カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

趣味が高じてカクテル資格を取得したら、仕事にどのように生かせるのでしょうか

カクテルの資格なので、バーや飲食業、アルコールの販売店などを目指すのが一般的です。

カクテル資格の活用法を考えてみましょう。

バーテンダーを目指す

まず、バーで働くことが可能です。本末転倒のようですが、実はバーテンダーになるのに資格は必要ありません。というのも、この職種には取得必須の国家資格が無いからです。

つまりは誰でも働くことが出来るということになりますが、それだけに、知識や技能を一定レベルに達していることを客観的に認定される民間資格は、評価の対象になるでしょう。

バーテンダーとして働くのであれば、基礎知識を備えることによって、実際のバーテンダー業務でも基本的な知識があることで、スムーズに進められるでしょう。

一人前のバーテンダーになるには修業と経験が不可欠です。ひとまず資格を取得したなら、まずはこの世界に飛び込んで、あらゆるものを吸収し学んでいくことを目指しましょう。バーの中には練習生のカクテルを割安で提供しているところもあります。

つまりは誰もが最初は修業を積んでいるということです。そんな仲間を見つけて、ひたすらバーテンダーの世界で実績を重ねる事も素晴らしい経験となるでしょう。

販売店などで働く

あるいは、直接バーを目指さなくても、アルコールにかかわる仕事を探すという方法もあります。リキュールやウイスキーなどのスピリッツに力を入れて販売している量販店や専門店、ディスカウントストアや業務用スーパーにも、そういった種類のアルコールは並んでいます。

カクテルを作ろうと思った方なら、一度は経験があるはずですが、とりあえず材料となるお酒を買おうと思って見に行っても、最初は何が何だかよく分からないものです。そんな場合に、より分かりやすい表示や具体的な使用例が記載されていると非常に助けになります

そういった細かいところまでサポートできるのは、カクテルに関する基礎知識を備えている人に限られます。ぜひそう言った面でも、カクテル知識を生かす方法を探してみてください

幅広い知識を生かす

そもそも、カクテル資格ではアルコールに関する幅広い知識を学びます。アルコールの種類はもちろん、その組み合わせのルールやそれぞれの個性を活かす方法、珍しいリキュールを使ったレシピやオリジナルのカクテルの作り方などです。

これらを生かして、カルチャースクールや自宅で講師活動を行う道も目指せるでしょう。

まとめ

資格を取得したなら、最大限活用することを目標にするのはいかがでしょうか。カクテルに詳しくなると様々な道が開けます。


  • TOP