カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

カクテルシェーカーの選び方

カクテルシェーカーの選び方

「カクテル」「バーテンダー」と聞いて思い浮かべるものの一つが、カクテルシェーカー(シェイカーとも表記)でしょう。

バーで必ず目にするカクテル用の道具のことですが、自宅にも一つあると作れるカクテルの幅がぐっと広がります

一見どれも同じように見えるカクテルシェーカーは、どのように選んだら良いのでしょうか

シェーカーのサイズ

シェーカーにはサイズがあります。小さいものは150ミリリットル程度で、大きいものでは750ミリリットルを優に超えるものもあります。

振り慣れていないと手を離れてしまって危険ですので、まずは350ミリリットル程度の容量から始めるのが理想的で、一般的なバーなどで使用されているのは500ミリリットルのものがほとんどです。

シェーカーで混ぜ合わせなくてもグラスでかき混ぜれば十分と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シェーカーには空気とよく混ぜ合わせられる特徴があり、度数の高いお酒をまろやかにしたり、混ざりにくい材料でもしっかり撹拌できるのがポイントです。

形状の種類

シェーカーには「3ピース」や「ボストンシェーカー」、「バロンシェーカー」など幾つか形状の違いがあります。

3ピースは文字通り三つの部品に分かれたシェーカーで、いわゆるシェーカーのイメージを体現するシェーカーです。ボディに茶こしの機能が付いたストレーナー、そして蓋をするトップの三つに分かれており、扱いやすさや汎用性が抜群です。

ポピュラーなカクテルはほとんどこのシェイカーで作ることができ、空気の入りやすさから、生クリームを使ったレシピも成功しやすいのが特徴です。

ボストンシェーカー、バロンシェーカー

これに対し、2ピースシェーカーとも呼ばれるボストンシェーカーは、コップを二つ合わせたような形をしています。まっすぐな形から、フルーツを潰したり空気をたくさん含ませるのに適しており、海外ではむしろ主流とさえ言えます。

バロンシェーカーは3ピースのように丸みを帯びておらず、それゆえにプロっぽい音が鳴りやすいシェーカーです。それだけに、氷が砕けやすかったり手を滑らせやすい等の欠点があり、確かにプロ用のシェーカーとしての特徴があります。

素材に関してもガラス製や定番のステンレス製などがありますが、扱いやすさを重視するならプラスチック製のシェーカーを選びましょう。

まとめ

シェーカーがあると雰囲気もそれなりになり、実際に作れるカクテルも多くなります。使いこなすには練習が必要ですが、シェーカーで作るお気に入りのカクテルがあるならぜひ挑戦したいところです。


  • TOP