カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

カクテルが好きで資格を取ることにしたなら、受験までしっかりと予定を進めていきましょう。

カクテル資格の受験日程などはどのように決めていけば良いのでしょうか?

効率の良い資格の取得を考えてみましょう。

受験日程を考慮しよう

カクテルの資格はいくつか種類があります。受験そのものは筆記と実技で時間はかかりませんが、どの資格を目指すかによって内容が変わってきます

それが自分の住んでいるところで開催されるものなのか、都市部やその近郊まで出かけていかなければならないものなのか、受験料の支払い方法や受験資格を取る方法なども変わってきます。そこで、当サイトでは2つの資格に絞ってご紹介しています

おすすめの資格

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している「カクテルソムリエ」と日本インストラクター協会(JIA)が主催する「カクテルバーテンダー」なら、資格取得までの日程や予定を非常に柔軟に組むことが出来ます

これらの資格はそもそも在宅受験が可能であり、5日間の試験日程の中で時間を取って試験用紙に記入し、それを郵送すれば後日合格の可否通知が送られてきます。

これなら日程や時間を気にすることなくカクテル資格を受験を受けられため、2か月ごとに開催される試験にも柔軟に対応出来るでしょう

資格まで効率よく学習できる講座

この2資格をサポートするのが、諒アーキテクトラーニングが作成した「カクテルソムリエW資格取得講座」とSARAスクールジャパンの「カクテル資格取得講座」です。

どちらも資格を発行している協会が認定する通信講座であり、資格の取得に向けて効率的な学習が可能であるというメリットがあります。2資格の同時取得が可能で、より広範囲にカクテルについて学べるようにカリキュラムが組まれています

この2つの講座の特徴は、どちらも通常の講座に加えて「スペシャルコース」「プラチナコース」を用意することで、資格の取得を確実にしているという点にあります。

これらのコースには通常のコースに比べて高価になりますが、卒業課題に合格することで試験を免除できるという特典が付いています。

これを利用することで、卒業によって100パーセント資格を取得することが出来るうえ、講座の受講中は個人的な質問を専用の用紙に記入し、回数無制限で専門のスタッフまで説明を求めることが出来ます

まとめ

試験も無料ではありません。せっかく受験するのであれば、確実に取得できる仕方で資格に挑みましょう。当サイトが紹介している講座であれば、資格の取得まで一直線に進められます。


  • TOP