カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

カクテルの種類と作り方

カクテルの種類と作り方

お酒はお好きですか?お酒にもたくさん種類があり、それぞれにファンがいますが、中でもカクテルは自由度や見た目の美しさという点で特別なお酒です。

カクテルを飲んだことがおありかもしれませんが、自分でも作れるカクテルのレシピを一部ご紹介しましょう。

シンプルカクテルの代表「カルーアミルク」

カクテルには、定番のシェイカーを振って混ぜるタイプや、単に混ぜるタイプ、グラスで直接作るもの、ミキサーにかけるものなど幾つか種類があります。

一番簡単なのはグラスで作るものでしょう。例えば「カルーアミルク」は、コーヒーリキュールであるカルーアを牛乳と混ぜるだけで完成です。

アルコールや甘味の強弱はカルーアの量で調節できます。カルーアミルクをシェイカーで振って作ると、泡立ちがふわふわになってまた一味違った飲み心地を楽しめます。

「ジントニック」「キューバリバー」

ジントニック」も自宅でできるカクテルの代表です。麦ベースのスピリッツであるジンに、香りのある炭酸ソニックウォーターを入れれば完成です。ジンの銘柄やトニックウォーターの種類によって味わいが変化します。

トニックウォーターは健康のための飲み物という側面がありますが、香草による香りが爽やかなジンを合わせることで非常に飲みやすいカクテルに仕上がります。この二つを混ぜたところにカットしたライムやレモンを乗せるのが定番です。

キューバ・リバー」は、コーラとラムという不思議な組み合わせで生まれたカクテルです。コーラとラムのクセのあるコンビネーションが異国の香りを感じさせてくれます。

ホワイトラムにライムジュースを足して適量のコーラを注げば完成です。軽くステア(かき混ぜる)して混ぜ合わせましょう。

「ソルティ・ドッグ」と「スクリュードライバー」もおすすめ

ソルティ・ドッグ」という名を耳にされたこともおありでしょう。イギリスの俗語からきているソルティ・ドッグは、船の上で甲板員が汗をかく様子などを塩とウォッカで表現していると言われています。

グラスの縁に塩をまとわせた姿が印象的で、まろやかなウォッカと清々しいグレープフルーツジュースがよく合います。ほろ苦い味わいが非常に人気のカクテルです。

ソルティ・ドッグと同じほどの知名度と人気を誇るのが「スクリュードライバー」でしょう。英語でそのままねじ回しを意味するこのカクテルは、油田で働いていたアメリカ人がスクリュードライバーで混ぜて作ったことが由来とされており、オレンジジュースの酸味とウォッカの滑らかさが抜群です。

まとめ

これらは自宅でも簡単に作ることができ、誰でも飲みやすいカクテルとしておすすめです。


  • TOP