カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

男性がよく飲むカクテル

男性がよく飲むカクテル

男性に人気のカクテルとは何でしょうか?もちろん好みは人それぞれですが、どうやら男性に好かれるカクテルはかなりの程度決まっているようです。

特に「辛口」「甘さ控えめ」という要件を満たすものが多く、ラインナップも定番のものが多くなります。

マティーニは外せない

有名なカクテルは数多くありますが、やはり「マティーニ」を外して語ることはできないでしょう。有名な逸話やうんちくの宝庫で、同じマティーニでも無数のバリエーションを持っています。

シンプルなレシピはバーテンダーの腕前を如実に表し、自宅で自分で作ってみるとバーで飲むマティーニとの違いに唖然とするかもしれません。そんなマティーニはドライ・ジンとドライ・ベルモットを合わせて作られます

映画007の影響からジンをウォッカに変えた「ウォッカ・マティーニ」や、イギリスの首相の飲み方を真似た「チャーチル・スタイル」などが有名です。ベルモットの割合を減らすと辛さやアルコール度数が高まり、それだけでも数々のバリエーションを生み出します

カクテルの女王、マンハッタン

こちらは女性にも人気が高いカクテルですが、「マンハッタン」はカクテルの女王と呼ばれるほど甘さとまろやかさで人気を博す世界的に有名なカクテルです。誕生に諸説のあるカクテルで、ウイスキーをベースとしたカクテルの一つです。

そのウイスキーにスイート・ベルモットと薬草系のリキュールであるアロマチック・ビターズを加えて作ります。ウイスキーをベースにリキュールを加えるのでアルコール度数は高く、甘さと相まって飲み過ぎに要注意のカクテルです。

通には定番のカクテル

これも定番中の定番ですが、「ジン・フィズ」も挙げないわけにはいきません。ジンに炭酸水とレモンジュース、砂糖などを加える一見簡単そうに見えるジン・フィズには、バーテンダーの腕前が良くも悪くも表れるカクテルと言われています。

砂糖を加えるのが標準的なレシピですが、ジンとレモンジュースの酸味や香り高さが印象的で、ほろ苦さも楽しめるカクテルです。「オールド・ファッションド」はウイスキーをベースにしたカクテルで、歴史の長い古典的なカクテルの一つです。

ベースにはアメリカン・ウイスキーを使用することが多く、バリエーションの多さから好みのレシピにこだわりのある通が多いカクテルでもあります。ウイスキーにアロマティックビダーズを垂らすのが基本レシピです。

まとめ

男性に人気のカクテルは世界共通のようです。ぜひ一つでも試して通の世界をのぞいてみましょう。


  • TOP