カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

資格取得に必要な基礎知識

資格取得に必要な基礎知識

カクテルの知識があれば、カクテルをその時の気分に合わせて選び、ストレスを解消させ、いろいろな色合いや味を楽しむことができます。

カクテルを飲む人に合わせて作るためには、センスだけでなく、基本的な知識が必要になります。

カクテルについて学び、資格取得するのに必要な基礎知識をこれから見てみましょう。

カクテルのグラスを選ぶなら

カクテルのグラスを選ぶ時にどのようなことに気を付けたら良いでしょうか?最低限必要なものは、ワイングラス、汎用性が高いコリンズグラス、カクテルグラス、ウイスキーグラス等です。

グラスは色が付いたものがありますが、透明なグラスを選ぶと良いでしょう。それによって、カクテルの色が外側から良く見えるからです。また、ガラスの分厚いものは安く手に入りますが、出来ればガラスの薄いものを選びましょう。

その方が大切に扱うようになりますし、カクテルは良いグラスで楽しみたいからです。しかし、無理に揃えるのではなく、家にあるものを使ったり、少しずつ揃えていくと良いでしょう。

カクテルの資格取得に必要なことは?

カクテルの資格取得に必要なこととは何でしょうか?

カクテルの名前やカクテルがどのように作られるのか、どの種類に分けられるのかなど、カクテルの知識は奥深く、資格に関する知識をしっかりと学ぶのは意外に簡単ではありません

カクテルについて効率よく勉強するには、体系的に必要な知識がまとめられているテキストが必要です。さらに、資格の出題範囲にしっかりと対応させた学び方が大切です。しかし、テキストを揃えて資格取得のために独学で勉強するのは時間がかかることでしょう。

資格取得を目指すために何年も時間をかけて勉強していくことよりも、短期間に集中して実用的な知識を学び、身につけたほうが良いのではないでしょうか?カクテルの資格取得を短期間に取得できてオススメなのは、通信講座です。

通信講座の場合、自宅で好きな時間に勉強できるため、学校に通う必要がありません。一日30分であれば半年ほどの勉強でも資格取得を目指せるくらいに、効率的にカリキュラムが組まれているため、おすすめです。

カクテルの資格を取得するならコレ!

カクテルの資格を取得するなら日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「カクテルソムリエ」の資格がおススメです。「カクテルソムリエ」は、カクテルの種類やリキュール、フルーツの選び方、シェイクの仕方、アイスピックの使い方、グラスの選び方などカクテルに関する色々なことを幅広く学べます。

また、日本インストラクター協会(JIA)主催の「カクテルバーテンダー」の資格はカクテルに関する豊富な知識を持ち、カクテルの作り方、リキュールの選び方、道具の扱い方を熟知して実際にカクテルを作れる知識と技術を併せ持っている人に与えられる資格で、資格取得した後は、飲食業界の就職に有利になりますし、カルチャースクールや自宅で講師活動をすることが可能となり、おススメです。

まとめ

カクテルの基礎知識を学んで、「カクテルソムリエ」と「カクテルバーテンダー」の資格を取得してみてはいかがでしょうか?

カクテルソムリエW資格取得講座


  • TOP