カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

カクテル資格で仕事はできる?

カクテル資格で仕事はできる?

お酒が好きで、あるいはカクテルに魅せられて、自分でも美味しく作れるようになりたい、資格もあるなら取ってみたい、などと思う方もいらっしゃるでしょう。

カクテルは簡単に見えて、実は非常に奥の深い世界です。自由な分、微妙な違いや繊細なディテールが非常に重要になります。

カクテルに関する資格も幾つかあるため、仕事に生かす道を見つけられるでしょう。

バーテンダー

カクテルの仕事と言えばバーテンダーですが、実はバーテンダーには資格が必要な訳ではありません。カクテルやバーテンダー資格は国家資格ではなく、アメリカなどの例を見ると顕著ですが、無資格・未経験から始めてお店を持つことも可能です。

しかし、恐らくいずれかの民間資格を取得しておくことで、国家資格のない分野で明確な肩書を得る事になり、それは有利に働くはずです。例えば、あるバーやレストランでは、バーテンダーの資格がなくてもやる気次第で募集しているところがあります。

しかしそういったところでも、面接時にいずれかのカクテル資格を見せることで、かなりの程度印象が変わってくるでしょう。

実技に関しては自宅で嗜むという程度だとしても、一から現場で学ぶのと資格で基礎知識を得ているのでは随分違い、カクテル資格をバーテンダーの仕事に直接生かすという道が近づくでしょう。

資格で学んだことを生かす

そもそも、カクテル資格ではカクテルのレシピだけではなくアルコールに関して幅広く学びます。

スピリッツの種類や特徴、銘柄ごとの違いやリキュールの種類、各レシピとその作り方や道具の扱い方、フルーツのカットの仕方までを学ぶため、それらを生かす道は一つではないでしょう。

バーテンダーでなくても、小売店や販売店でのお酒コーナーなどで、より専門的な知識を生かしたり、さらなる向上のためにバーテンダー専門学校へ入校する足掛かりとすることも可能です。

おすすめの資格

例えば、日本安全食料料理協会(JSFCA)が提供している「カクテルソムリエ」や日本インストラクター協会(JIA)が主催する「カクテルバーテンダー」などの資格では、前述のような知識を有していることに加え、季節の素材や卵・生クリームといった材料の扱い方、スパイスや調味料の加え方、温かいカクテルの技法まで知っていることが問われます。

こうした資格はカクテルが関係する仕事への就職はもちろん、カルチャースクールなどで教えるという方面でも役に立ちます

まとめ

カクテルがお好きであれば、ぜひ一度は資格の取得を考慮なさってください。カクテルについてより一層理解が深まるだけでなく、新たな仕事を目指すこともできます。

カクテルソムリエ資格


  • TOP