カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

二日酔いになりにくいカクテル

二日酔いになりにくいカクテル

お酒を飲む上で、避けては通れない問題が二日酔いでしょう。

いつも気を付けているつもりが、ついつい飲み過ぎてしまい、気が付くとまた気分の悪い時間に突入しているということはよくあるものです。

カクテルの中にも二日酔いしやすいものとそうでないものがあり、種類を選ぶことで、同じ量を飲んでも二日酔いを避けられるようになります。

二日酔いになりにくいお酒

そもそも二日酔いしにくいお酒などあるのでしょうか?結論から言えば飲み過ぎないことが一番で、どんなに二日酔いしにくいと言われているお酒でも、飲み過ぎは必ず二日酔いにつながります

しかしお酒には蒸留酒と醸造酒があり、醸造酒の方が二日酔いになりにくいのは科学的な事実です。ワインや日本酒などの醸造酒は、蒸留する過程を取らないため、アルコール以外の物質を多く含んでおり、蒸留酒にはそれが少ないのです。

したがって、ウォッカやジン、ラムなどの蒸留酒を使ったカクテルは、比較的酔いにくいと言えます。

テキーラやウイスキーをベースにしたカクテルも蒸留酒を使っているのですが、メタノールを含んでいるため、体内での分解に時間がかかり、ホルムアルデヒドという毒性のある物質に変換されるため、めまいや吐き気を発症してしまう場合があります

爽やかなジン系のカクテル

これらの二日酔いしにくい条件を備えるカクテルに、まずは「ジン・ライム」が挙げられます。その名の通りジンとライムジュースを使用するカクテルで、ライムジュースを四分の一から半分ほど加えると完成です。

飲み口が良いので飲み過ぎには注意ですが、ジンの爽やかさとライムの爽快感の相性は抜群によく、いい気分転換になるカクテルです。

「ジン・バック」もジンをベースとし、ジンジャーエールでスパイシーさとまろやかさを両立させたカクテルです。ジンジャーエールを多めに入れることでアルコール度数を下げられるうえ、レモンジュースの酸味が体をスッキリさせてくれます。

ソルティ・ドッグも効果的

有名な「ソルティ・ドッグ」も二日酔いにはなりにくいでしょう。ウォッカをベースとしているソルティ・ドッグはクセがなく、グレープフルーツジュースのほろ苦さと合わさって爽快感を味わえます。

基本レシピはウォッカの倍の量のグレープフルーツジュースを加えることですが、カクテルらしく割合を自由に調節することで適度なアルコール度数になります。グラスの縁にまとわせたスノースタイルの塩がアクセントです。

まとめ

いずれにしても飲み過ぎには要注意ですが、これらのカクテルなら一通り二日酔いしにくい条件を備えています。


  • TOP