カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

カクテルグラスの種類と区別

カクテルグラスの種類と区別

バーでカクテルを飲んだことのある方ならお気づきのことと思いますが、カクテルにはそれぞれ適したグラスがあります

それは用途やカクテルを美味しく飲む目的のために使い分けられ、それぞれ向き不向きがあります。

とにかくデザイン性を追求したおしゃれなものもありますが、使用される代表的なグラスの種類を見てみましょう。

カクテルを代表するグラス

カクテルと言えば「カクテルグラス」です。逆三角形で足が細く背が高いこのグラスは、よく見るカクテルというイメージを連想させるグラスで、足があってラッパ状に広がった形状はグラスを大きく傾けなくても飲むことを可能にします。

ショートグラスというタイプのカクテルは基本的にこのグラスで飲まれ、入れた様子はまさにカクテルの王道です。90ミリリットルの容量に60ミリリットルを入れるのが標準的です。

一見普通に見えるグラス

次は「オールドファッションド・グラス」です。背が低いのが通常で、円筒形のタンブラーです。昔からお酒のためのグラスとして使われてきた歴史があります。

きれいな円筒形で口径が大きく、氷や材料を入れやすいのが特徴で、ウイスキーなどをオン・ザ・ロックスで飲むときにも使われます。丸い氷を入れるのもよくある手法で、そのパターンを楽しめるのもこの間口の広いグラスならではの特徴です。容量は150~320ミリリットルといったところです。

コリンズ・グラス」は一見背の高い普通のコップに見えるかもしれません。トール・グラスやチムニー(煙突)・グラスとも呼ばれるこのグラスは、ドリンクを時間をかけて飲めるように設計されています。

砕いた氷がたくさん入り、グラス内での色の変化を表現するのにも適しています。トム・コリンズやロング・アイランド・アイスティーなどが代表的なカクテルです。

ショット・グラス

ショット・グラス」をご存知の方も多いはずですが、ウイスキーをストレートで飲むときの小さなグラスです。ショットは一杯という意味で、形状や用途からストレート・グラス、ウイスキー・グラスとも呼ばれます

シングルは30ミリリットル、ダブルが60ミリリットルの容量を指しており、デザイン性もあるものの、どれもが小さくシンプルな形状をしています。テキーラをショットで飲む際もこのグラスが用いられ、その場合は縁に塩をつけて頂くのが一般的です。

まとめ

カクテルには様々なグラスが使用されます。見た目のイメージや先入観もあるかもしれませんが、マティーニはカクテル・グラスで、ウイスキーはショット・グラスで飲むと不思議と美味しく感じられます


  • TOP