カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

資格のカリキュラムと学べること

資格のカリキュラムと学べること

カクテルがお好きであればバーで注文する度に、あるいはリキュールを見かける度に、カクテルの味わいを想像してしまうかもしれません。

そんなカクテルに詳しくなるには、しっかりと学び資格を取るのが一番です。カクテル資格では何を学べるのでしょうか?

カクテルの成り立ち

まず、カクテルの歴史や仕組みを学びます。古くは数千年前のエジプトやローマで、すでに別の何かを混ぜたアルコールが飲まれていたといわれています。当時はビールやワインの質が悪く、ストレートで飲むのに適していなかったために、混ぜ物をすることが発明されていたようです。

お酒が造られた時期とほとんど同じくして、カクテルの歴史は始まっています。その辺りから、すでに美味しい飲み物を追求する人類の歩みが始まっており、現代カクテルの多様性に改めて思いを馳せるいい機会となるでしょう。

カクテルの種類

そしてカクテルの基本的な種類です。カクテルはご存知のように、主にスピリッツ(蒸留酒)によって分類され、その他のアルコールをベースにしたカクテルもそれに続きます

ジン、ウォッカ、テキーラ、ラムの原材料や製造方法、有名銘柄の特徴や味わいなどを知る必要があります。それぞれの銘柄が必須であるカクテルのレシピなどもあり、カクテルを知るには、その材料となるスピリッツを知ることが不可欠です。

そしてそれに無数のリキュール群が続きます。スピリッツの特徴を生かし、あるいは利用し、オリジナルのテイストを加えていくのが、特殊な味わいに特化したリキュールたちです。

これらを使いこなすことでカクテルは完成し、そこが独創性と応用力が試される世界でもあります。あるいは焼酎や日本酒、ビールやワインを使ったカクテルについても学びましょう

これらは世界的にメジャーなものも多く、文化の影響を色濃く受けて生まれた興味深いカクテルです。

道具や材料

カクテルには道具も欠かせません。シェーカーの種類や扱い方、バースプーン、ストレーナーといった基本的な道具からフルーツのカットの技法、生クリームや卵の扱い方など、材料に関することも幅広く取り上げられ、バーテンダーが日々行っている作業の基礎を学んでいきます

資格によってはワインの種類までも学び、基礎的とはいえアルコールに関してあらゆる種類をカバーする内容であることが分かります。

まとめ

カクテル資格は、アルコールの勉強という点でも非常に興味深い内容です。仕事に生かすもよし、趣味を高めるもよし、お酒に関する膨大な知識を楽しんで学習出来るでしょう。


  • TOP