カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

カクテルについて学習して資格を取れるのであれば、今後カクテルをより違った視点から楽しむことが出来るでしょう。

カクテルの資格を取得するには、それまでの学習や受験費用の支払いまで考慮しておく必要があります。

資格取得にかかる費用はどれぐらいでしょうか?

一般的な試験費用

資格試験だけであれば、どれもそれほど高額ではありません。日本に存在するカクテルやバーテンダー資格の受験料はおおむね1~2万円です。試験は試験会場を設定しているものや、オンライン受験できるものなど様々です。

試験会場があるものは現地で支払ったり、オンラインに対応していれば銀行振り込みやクレジットカードなどの利用も可能です。

受験資格も特にないものが多く、基本的には年齢制限もありません。むしろ実際にカクテルやスピリッツ、技法に関する知識を有しているかどうかが問われます

おすすめの講座は?

資格に至るまでの学習する方法についても考えてみましょう。独学で本を購入して勉強することも、専門学校に数年通って勉強することも可能ですが、資格取得が目的なのであれば、必ずしもそれらの方法にこだわる必要はありません。

当サイトでは何度もご紹介していますが、やはりいくつかの資格に的を絞った講座を利用する方がより効率的で速く学習を進められるでしょう。

諒アーキテクトラーニングが提供している「カクテルソムリエW資格取得講座」や、SARAスクールジャパンの「カクテル資格取得講座」であれば、最初から2資格の取得を目的としてカリキュラムが組まれています

練習問題や模擬試験についても、資格の取得に助けとなる学習スタイルが確立されています。これは単にカクテルについて学ぶよりもはるかに効率的で、最初から資格に向けての準備を始められるでしょう

最大のメリット

さらに、これらの講座であれば資格の取得を100パーセントにする特別なコースも準備しています。

そもそも2資格というのは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している「カクテルソムリエ」と日本インストラクター協会(JIA)が主催している「カクテルバーテンダー」の2つです。

これらの協会が同講座を認定しているため、卒業課題の合格と同時に資格授与の特典を受けることが出来ます。費用は通常コースが59,800円、試験免除のコースが79,800円で、24回の分割払いも可能です。

まとめ

取得に至るまでの講座という点で、これらの講座は非常におすすめです。カクテル資格を考えていらっしゃるのであればぜひ一度は検討なさってください。

カクテルソムリエW資格取得講座


  • TOP