カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

混ぜるとおいしくなるお酒の相性

混ぜるとおいしくなるお酒の相性

カクテルは既存のお酒を混ぜるだけの飲み物です。そこにプロの腕が加わることで実に華やかで味のあるカクテルに仕上がるのですが、混ぜるスピリッツやリキュールにはルールがあります。

膨大な組み合わせの中から、先人たちが見つけてきたカクテルのレシピをご紹介します。

ジンとの相性

カクテルといえばジンですが、ジンは香味植物を使って香り付けをしているという特徴があります。ストレートで飲むとすぐにわかりますが、爽やかな、嫌いな人からするとツンとする香りを豊かに放ちます。

この爽やかな香りは、柑橘系のリキュールやジュースと相性がよく、透明感や香りの立つレシピがほとんどです。

ジン・フィズ」はレモンジュースと砂糖を加えてソーダで割ります。レモンの香りはジンの香ばしさと非常によく合います

ジン・トニック」も、トニックウォーターの薬っぽい香りが、ジンの香草成分と合わさり、飲みやすく仕上がっています。

テキーラに合う組み合わせ

テキーラの場合は、リュウゼツランという蘭の一種を原料に使用し、砂糖などを加えて蒸留したものを銘柄や種類に応じて熟成させます。余計なものが入る分、個性が生まれることが多く、雑味ともいえる部分を生かすレシピが多く見られます

マルガリータ」はテキーラカクテルの代表的存在です。テキーラの甘さと刺激を兼ね備えた風味と、レモンの酸味を生かしたカクテルです。テキーラにホワイトキュラソーとレモンジュースを加え、レモンで濡らしたカクテルグラスの縁には塩をスノースタイルで飾ります。

アルコール度数は高めで、ショートドリンクの入るカクテルとなっており、テキーラの強さを味わいたい場合にはピッタリです。

ウォッカとラムの場合

最後にウォッカとラムのカクテルをご紹介しましょう。ウォッカは蒸留だけでなく、炭でろ過する蒸留酒で、風味や味のほとんどない純粋なアルコールのようです。

ウォッカのクセの無さを生かすレシピと、フレーバーを自由に加えるレシピの二つに分かれるようです。

ご存知「ソルティ・ドッグ」は、グレープフルーツジュースのほろ苦さがウォッカのキレの良さを引き立てます。対して「スクリュー・ドライバー」はオレンジジュースの爽やかさを前面に押し出したレシピです。

ラムは甘さの際立つスピリッツです。サトウキビが原料のためどうしても甘味が加えられ香りも強く、「ダイキリ」などはライムジュースで酸味をプラスしさっぱりとした飲み口に仕上げています。

まとめ

それぞれのスピリッツによって、相性が分かれているともいえるのがカクテルです。これらの違いを生かしたレシピを探してみましょう。


  • TOP