カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

カクテルの基礎知識

  • カクテルのベースリキュールの種類

    カクテルのベースリキュールの種類

    ご存知の方も多いはずですが、カクテルにはベースとなるお酒が存在します。 近年のカクテル開発やノンアルコールカクテルの登場によって随分自由になったカクテルも、基本的には混ぜ合わせる元になるアルコールがレシピの基礎となっています。 スピリッツ カクテルのベースとなるのはジン・ウォッカ・テキーラ・ラムの4種類で、これらは4大スピリッツとして知られています。スピリッツとは蒸留酒のことで、これらは全て蒸留酒続きを読む

    カクテルグラスの種類と区別

    カクテルグラスの種類と区別

    バーでカクテルを飲んだことのある方ならお気づきのことと思いますが、カクテルにはそれぞれ適したグラスがあります。 それは用途やカクテルを美味しく飲む目的のために使い分けられ、それぞれ向き不向きがあります。 とにかくデザイン性を追求したおしゃれなものもありますが、使用される代表的なグラスの種類を見てみましょう。 カクテルを代表するグラス カクテルと言えば「カクテルグラス」です。逆三角形で足が細く背が高続きを読む

    お酒の飲み方とカクテルの楽しみ方

    お酒の飲み方とカクテルの楽しみ方

    カクテルに限った話ではありませんが、お酒は楽しんで飲み、あるいはお酒の席は楽しいものにしたい、と誰もが感じているはずです。 カクテルやバーでの注文を楽しむのに、初心者は敷居の高さを感じてしまうこともあるかもしれません。 どうすればカクテルを、ひいてはお酒を楽しめるでしょうか? 好みのお酒を探す 自分のお酒の好みはもう決まっていますか?まだそこまで至っていなければ、美味しいと感じられるお酒を探す旅と続きを読む

    カクテルの歴史と文化

    カクテルの歴史と文化

    見た目は華やか、味わいは軽やかなカクテルは非常に現代的に思えますが、カクテルの先祖をたどっていくとその歴史は思いのほか長いものであることに気づきます。 カクテルの始まり カクテルの定義は曖昧ですが、混ぜるという行為に関して言うと実に何千年も前のエジプトやローマにさかのぼっていくようです。ワインやビールは非常に歴史が古く、当然カクテルはそういったベースとなるアルコールが出来てから後に誕生しました。 続きを読む

    カクテルの一般的なアルコール度数

    カクテルの一般的なアルコール度数

    甘くて爽やかなものが多いカクテルは、気を付けていないとつい飲み過ぎてしまいます。 ベースとなるスピリッツがどれも40度クラスのアルコールであるため、必然的にカクテルのアルコール度数も高くなってしまいます。 割合や量で調節は可能ですが、カクテルの度数はどれぐらいが一般的なのでしょうか? 弱いカクテル 例えば「カルーアミルク」はアルコール度数の弱いカクテルの代表です。牛乳を多めにすることで度数は抑えら続きを読む

    カクテルシェーカーの選び方

    カクテルシェーカーの選び方

    「カクテル」「バーテンダー」と聞いて思い浮かべるものの一つが、カクテルシェーカー(シェイカーとも表記)でしょう。 バーで必ず目にするカクテル用の道具のことですが、自宅にも一つあると作れるカクテルの幅がぐっと広がります。 一見どれも同じように見えるカクテルシェーカーは、どのように選んだら良いのでしょうか? シェーカーのサイズ シェーカーにはサイズがあります。小さいものは150ミリリットル程度で、大き続きを読む

    混ぜるとおいしくなるお酒の相性

    混ぜるとおいしくなるお酒の相性

    カクテルは既存のお酒を混ぜるだけの飲み物です。そこにプロの腕が加わることで実に華やかで味のあるカクテルに仕上がるのですが、混ぜるスピリッツやリキュールにはルールがあります。 膨大な組み合わせの中から、先人たちが見つけてきたカクテルのレシピをご紹介します。 ジンとの相性 カクテルといえばジンですが、ジンは香味植物を使って香り付けをしているという特徴があります。ストレートで飲むとすぐにわかりますが、爽続きを読む


    TOP