カクテル資格情報まとめ

お酒がもっと楽しくおいしく飲める! いろいろな色合いと、味が楽しめるお酒と言えばカクテルですが、自分で思うがままに作れるようになると、お酒はもっと楽しくなります!当サイトでは、カクテルがもっと上手に作れるようになる資格とおすすめの講座についてわかりやすく解説していきます。

バーテンダーも目指せるカクテル資格

バーテンダーも目指せるカクテル資格

バーテンダーは華やかな職業です。単にカクテルを作るだけでなく、作る動作や、時にお客様の注文の意図を汲んでカクテルを作ることも求められる、実にプロフェッショナルな職業です。

憧れのバーテンダーになるには、どうすればいいでしょうか?

バーテンダーとカクテル資格

興味深いことに、日本ではバーテンダーの国家資格はなく、何の資格も持たずにバーテンダーになることさえできてしまいます。これはバーテンダーという仕事がまだ日本では歴史が浅く、お酒を飲むことが嗜好品として扱われているためです。

つまり飲酒が生活の一部になっている国に比べると、その知名度や認知度は下がります。しかし、国家資格のない分野だからこそ民間資格を取り、明確な肩書を得ることで仕事を得られるようになると言えるでしょう。

資格を持っているメリット

バーやレストランに面接を申し込む際、民間資格のカクテル資格を持っていることは間違いなく注目を寄せます

特にカクテルは修業や実践ありきの世界なので、何も知らない状態で採用してくれるバーも中にはあるかもしれないとはいえ、資格で基礎知識を持っていることを示すことは重要でしょう。

カクテル資格では様々な基礎知識を学びます。各アルコールの特徴や銘柄ごとの味わいの違い、リキュールの種類と特徴、各種道具の使い方、これらを知っているだけで、バーに行ったときに見るものが変わってくるでしょう。

バーで学ぶ

プロのバーテンダーのボトルの開け方や持ち方、メジャーカップを使った注ぎ方や抜き方、材料の測り方やシェーカーの持ち方など、プロの仕草の一つ一つが注意深い観察に値します。

それらをカクテルの資格で学んだ基礎知識を持って見るのと、単にカクテルを飲みに来ているのとでは随分違う結果になるでしょう。資格による学習ならではの効果です。資格を持っていて、本気でバーテンダーを目指す気があるなら、まずはバーに面接を申し込んでみるのも一つの方法です。

経験や信頼が求められる厳しい世界ですが、国家資格がない分比較的始めやすい職業とも言えます。やる気と熱意次第でいくらでも学ぶことができ、様々な人とのつながりを持つことで、新たな道が開けるかもしれません。

バーテンダーになるのは簡単な道ではありませんが、まずは資格を生かして一歩目を踏み出してみましょう

まとめ

どんなバーテンダーも初めは全くの素人です。それぞれカクテルや接客に対する情熱を、あきらめずに長年持ち続けてきた結果がバーテンダーという立場にあると言えます。


  • TOP